筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ハコネウツギ

スイカズラ科 タニウツギ属

Weigela coraeensis var. coraeensis

〔基本情報〕
太平洋側の海岸沿いで多くみられる高さ6mになる落葉小高木。
幹はやや株立ち状になり、樹皮は厚いコルク層で覆われて縦に裂けます。
若い枝は緑色で4稜があり、毛ははえません。
葉は十字対生する単葉ですが、横枝では葉柄がねじれるため2列に対生してみえます。
葉は広楕円形で先が急に鋭くとがり、やや厚みがあって、表面に光沢があります。
葉は両面とも脈上に短い毛がまばらにはえます。
葉の縁には鋸歯があります。
葉腋や枝先に散房花序を出し、径2.3~3.3cmの花を2~3個ずつつけます。
花は蕾から咲きはじめは白色で、のちに紅色に変化します。
花冠は上が鐘状に急に広がる長さ1.5~2cmの漏斗形で、先が5裂し、花冠裂片は筒部の1/2の長さです。
雄しべは5個です。
果実は長さ2~3cm、径2.5~3.5mmで細い筒形の蒴果で、熟すと先端部と中軸を残して2裂し、翼のある細かい種子を出します。

〔栽培〕
増殖は挿木により、容易に殖やせます。
株が若いうちは株分けも可能です。
日当たりのよい場所で、過湿地でなければ土質を選ばずよく育ちます。
水やりは鉢植えでは土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は寒肥として有機質の肥料を施します。
生長がはやく、放任するとやぶ状になるので、徒長枝や混んだ枝を落葉期に整理します。
病虫害としてうどんこ病があります。

〔備考〕
箱根にたくさん生えていそうな名ですが、箱根にはほとんど自生していません。
名前 ハコネウツギ (箱根空木) 、ベニウツギ (紅空木) 、ゲンペイウツギ (源平空木)
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? 日本(本州:中部の太平洋側)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 小高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? タニウツギ、ニシキウツギ
植え付け(または播種)季節 ? 11月、12月、1月、2月、3月
草丈・樹高 ? 6000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 散房花序
花の色 ? 赤、桃、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐潮性
用途適性 ? 盆栽、花壇、公園・庭園
病害 ? うどんこ病
日本花き取引コード ? 19560
検索サイトの検索キー ? ハコネウツギ