おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ツルカノコソウ

スイカズラ科 カノコソウ属

Valeriana flaccidissima

〔基本情報〕
山地の木陰でみられる高さ20~40cmの多年草。
茎は軟弱で、開花後に細長い走出枝を出します。
葉は対生し、羽状に全裂し、3~7裂片からなります。
裂片の縁には波状の鋸歯があります。
花は茎先の散房花序に多数つきます。
花冠は5裂し、白色または淡い紅色を帯びます。
花序には線形の苞がつきます。
果実は痩果で、白色の冠毛があります。
名前 ツルカノコソウ (蔓鹿子草)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州~九州)、中国、台湾
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、6月、9月、10月
草丈・樹高 ? 200〜400mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 散房花序
花の色 ? 桃、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園
検索サイトの検索キー ? ツルカノコソウ