東照宮の花newエバーグリーンのインスタ

カンボク

レンプクソウ科 ガマズミ属

Viburnum opulus var. sargentii

〔基本情報〕
山地の林内や林縁のやや湿り気のある場所にはえる高さ6mほどの落葉小高木。
若い枝はときに暗赤色を帯びる緑色で、毛はありません。
葉は対生し、長さ・幅とも4~12cmの広卵形となり、中ほどまで3裂します。
葉の表面は3本の脈がめだち、脈がへこんでしわになり、縁には粗い鋸歯があります。
葉の表面はほぼ無毛で、裏面には細かい毛がはえます。
葉柄は1.5~5cmと長く、しばしば暗赤色を帯び、先端近くに2~4個の円盤状の腺があり、基部付近には托葉があります。
葉はまれに単葉となります。
枝先に径6~12cmの平らな散房花序を出し、花序の基部にはふつう2対の葉があります。
花は径0.4cmほどで白色、においがあります。
花序の周囲には径2~3.5cmで白色の装飾花があり、花冠は5裂します。
果実は長さ0.6~0.9cmの球形で赤く熟しますが、食べられません。

〔利用〕
枝葉や樹皮は薬用になります。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木によります。
実生の場合は熟した果実を採り、果肉をよく洗い流してから播きます。
日当たりがよいか半日陰で水はけがよい腐植質に富んだ場所であれば土質を選ばずよく育ちます。
水やりは夏に晴天が続いてひどく乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は寒肥のほか、花後にお礼肥として3成分等量の緩効性化成肥料を施します。
剪定は行わず自然樹形を楽しみますが、コンパクトにまとめたい時は花後のなるべく早い時期に芽の少し上で切るようにします。
風通しが悪いとうどんこ病やカイガラムシが発生しやすいので注意が必要です。
名前 カンボク (肝木) 、ケナシカンボク (毛無肝木)
guelder-rose
花咲く季節 ? 5月、6月、7月
実のなる季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州:主に中部以北)、朝鮮、中国、モンゴル、東シベリア、ウスリー、アムール、サハリン、千島列島南部、南千島
生活型 ? 小高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、9月、10月、11月、12月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 6000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 散房花序
花の色 ?
実の色 ?
葉の色 ? 赤、緑
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 公園・庭園
病害 ? うどんこ病
虫害 ? カイガラムシ
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 20750
検索サイトの検索キー ? カンボク