ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

イヌカミツレ

キク科 シカギク属

Tripleurospermum maritimum subsp. inodorum

〔基本情報〕道端や道路の法面、草地、畑などにしばしば群生する高さ30~60cmの越年草。
カミツレに似ますが芳香はありません。
茎は上部でよく枝分かれし、はじめ毛がはえますが、のちに無毛となります。
葉は互生し、長さ3~10cmで2~3回羽状に深裂し、裂片がさらに糸状に裂けます。
茎先に径3~4.5cmの頭花をつけます。
頭花は白色の舌状花と黄色の筒状花からなり、舌状花は20個ほどあります。
花床は半球状に盛り上がります。
果実は痩果です。

〔来歴〕明治時代中期に渡来しました。
名前 イヌカミツレ 、イヌカミルレ
scentless false mayweed、scentless mayweed、scentless chamomile、wild chamomile、mayweed、false chamomile、Baldr's brow
花咲く季節 ? 5月、6月、7月
分布または原産地 ? ヨーロッパ
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 300〜600mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生
花の色 ?
花径 ? 30〜45mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? イヌカミツレ