3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

メキシコヒマワリ

キク科 ニトベギク属

Tithonia rotundifolia

〔基本情報〕
高さ1~2mになる多年草ですが、耐寒性がないので日本では一年草として扱います。
茎は直立して、よく枝分かれし、基部は木質化します。
葉は互生し、長さ3~12cmの卵形~三角状卵形となり、3裂するか分裂しない単葉となります。
葉には3本の葉脈がめだち、葉の縁には鋸歯があります。
10cmほどの葉柄があります。
茎先に径7.5cmで橙赤色の頭花をつけます。
果実は痩果です。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
移植を嫌うので、植える場所に直播するか、ポリポットに播いて定植します。
日当たりと水はけのよい場所を好みます。
水やりは夏に晴天が続いて乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は控えめがよく、与えすぎると間延びし、特にチッソ分が多くなると葉ばかり茂って花つきが悪くなります。
病虫害は特にありません。
名前 メキシコヒマワリ 、ヒロハヒマワリ 、チトニア
Mexican sunflower、red sunflower
花咲く季節 ? 7月、8月、9月
分布または原産地 ? 中央アメリカ~メキシコ
生活型 ? 一年草、多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
草丈・樹高 ? 1000〜2000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花の色 ? 赤、橙
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 花壇、公園・庭園
検索サイトの検索キー ? メキシコヒマワリ

「メキシコヒマワリ」への投稿写真