東照宮の花newエバーグリーンのインスタ

タカネコウリンカ

キク科 オカオグルマ属

Tephroseris takedana

〔基本情報〕
亜高山~高山帯の乾いた草地でみられる高さ18~35cmの多年草。
全体に白い綿毛がはえます。
茎は直立します。
葉には根出葉と茎につく葉があり、根出葉は長さ2.5~6cm、幅1.7~4cmの長楕円形で、葉柄をもち、開花期にも残ります。
茎につく葉は互生する単葉で、長楕円形となり、両面にくも毛がはえ、基部は茎を抱きます。
頭花は茎先に4~5個、散形状につきます。
花は舌状花と筒状花からなり、舌状花はオレンジ~黄色で、長さ1cmと短く、平開せず立ち上がります。
花柄は1~2.5cmで紫色を帯びます。
総苞は長さ0.7~1cmで筒形で、黒紫色です。
花の基部には黒紫色を帯びた苞葉がつきます。
痩果には毛がはえ、長さ0.6~0.7cmの冠毛があります。
名前 タカネコウリンカ (高嶺紅輪花)
花咲く季節 ? 7月、8月
分布または原産地 ? 日本(本州中部)
指定植物 ? NT:準絶滅危惧、日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 180〜350mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ? 橙、黄
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? タカネコウリンカ

「タカネコウリンカ」への投稿写真