ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

シオザキソウ

キク科 コウオウソウ属(マンジュギク属)

Tagetes minuta

〔基本情報〕道端や荒れ地でみられる高さ50~150cmの一年草。
全体に独特の臭いがあります。
茎が直立して上部で枝分かれします。
葉は対生する奇数羽状複葉で、小葉は5~7対あります。
小葉は幅2~8㎜の披針形で、光に透かすと腺点が見えます。
葉の縁には鋸歯があります。
枝先に淡い黄色の頭花を多数、上向きにつけます。
果実は痩果です。

〔来歴〕1957年に東京都江東区塩崎町で帰化が報告され、発見地にちなんでこの名があります。

〔利用〕原産地ではハーブとして利用されます。
名前 シオザキソウ (塩崎草) 、コゴメコウオウソウ (小米紅黄草) 、コゴメセンジュギク (小米千寿菊)
muster John Henry、southern marigold、Khakibos、stinking roger、wild marigold、black mint
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 熱帯アメリカ
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 500〜1500mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花の色 ? 黄白
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? シオザキソウ