3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

オヤマボクチ

キク科 ヤマボクチ属

Synurus pungens var. pungens

〔基本情報〕
山地の林縁や日当たりのよい草原などでみられる高さ1~1.5mの多年草。
茎は直立して、くも毛があり、紫色を帯びて、上部で枝分かれします。
葉には根出葉と茎葉があり、根出葉は開花時には枯れています。
茎につく葉は互生する単葉で、卵状楕円形~卵形、裏面に白い綿毛がはえます。
茎の下部につく葉は長さ15~35cmほどになり、長さ5~20cmの葉柄があります。
葉の縁には鋸歯があります。
径3.5~5cmの頭花を長い柄の先に単生させます。
頭花はすべて紫褐色の筒状花のみからなります。
総苞は径3cmで球状鐘形です。
総苞片はかたく、13~15列あり、とがります。
果実は長さ6mmの痩果で褐色の冠毛があります。

〔利用〕
根をヤマゴボウとして漬物などにするほか、若い葉を草もちの材料にする地方もあります。
茸毛をそばを打つつなぎにする地域もあります。

〔栽培〕
増殖は実生、株分けによります。
日当たりと水はけのよい場所を好みます。
大きく育つので、鉢植えでは深鉢に植えるようにします。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は春と秋に緩効性肥料を置き肥します。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
ヤマボクチに比べ豪壮なことで「雄」とつき、葉裏の毛を火口に利用したのが名の由来です。
名前 オヤマボクチ (雄山火口) 、ヤマゴボウ
花咲く季節 ? 9月、10月、11月
分布または原産地 ? 日本(北海道西南部、本州:岐阜県まで、四国、九州)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ヤマボクチ、ハバヤマボクチ
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、10月、11月
草丈・樹高 ? 1000〜1500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ? 茶、紫
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園
食用 ? 葉、根
有用 ? 食用
日本花き取引コード ? 60537
検索サイトの検索キー ? オヤマボクチ

「オヤマボクチ」への投稿写真