みかんを残さずnew年間ランキング1月の過去記事いいねしよう

セイタカアワダチソウ

キク科 アキノキリンソウ属

Solidago altissima

〔基本情報〕日当たりのよい土手や空き地に大群落をつくる高さ1~2mの多年草。
地下茎を伸ばしてよく増えます。
茎や葉に短毛がはえ、ざらつきます。
葉は互生する単葉で、長さ6~13cm、幅1~2cmの披針形、3本の脈がめだちます。
葉の縁は全縁または低い鋸歯があります。
短い葉柄があります。
枝の上側に径5mmほどの黄色い頭状花序が密に並び、全体で大きな円錐状の花序になります。
舌状花、筒状花とも黄色です。
舌状花は1頭花あたり10~18個です。
果実は痩果で冠毛があります。

〔来歴〕1900年頃に観賞用や蜜源植物として導入され、戦後に広く帰化しました。
根や地下茎からアレロパシー物質を出し、周囲の植物を抑制して群落をつくります。

〔栽培〕増殖は株分けによります。
日あたりと水はけのよい土壌を好みます。
耐寒性、耐暑性があり、丈夫で育てやすいです。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は夏に晴天が続いてひどく乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
肥料は元肥を施せば特に必要なく、与えすぎると間延びして倒伏する場合があります。
草丈が高くなったら倒れないように支柱を立てるとよいです。
病虫害としてはうどんこ病、さび病、ハモグリバエ、アワダチソウグンバイ、ハダニ、アブラムシなどがあります。

〔備考〕外来生物法で要注意外来生物に指定されています。
名前 セイタカアワダチソウ (背高泡立草) 、セイタカアキノキリンソウ (背高秋麒麟草)
花咲く季節 ? 8月、9月、10月、11月
分布または原産地 ? 北アメリカ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月
草丈・樹高 ? 1000〜2000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁、鋸歯
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐暑性
用途適性 ? 切花
病害 ? うどんこ病、さび病
虫害 ? ハモグリバエ、アワダチソウグンバイ、ハダニ、アブラムシ
日本花き取引コード ? 60564
検索サイトの検索キー ? セイタカアワダチソウ
エバーグリーンポストでの記事 [セイタカアワダチソウ]嫌われ者の”雑草”は実はとっても使える薬草でした|キク科アキノキリンソウ属|エバーグリーン