図解ガイドnew花の色が変化しますnew6月の過去記事いいねしよう

ナルトサワギク

キク科 ノボロギク属

Senecio madagascariensis

〔基本情報〕
埋立地を中心に空き地や道端などでみられ、高さ20~70cmになる一年草または多年草。
茎は地際からよく枝分かれして、大きな株となります。
葉は互生し、長さ3~9cm、幅1~1.5cmの披針形で、羽状に裂けるか、分裂せず単葉となります。
葉の縁には少数の低い鋸歯があります。
葉の基部はやや茎を抱きます。
周年開花し、茎の上部に径2~2.5cmの黄色い頭花を散房状に少数つけます。
頭花は舌状花と筒状花からなり、舌状花はふつう13個あります。
総苞は長さ0.5~0.8cmで、総苞片は1列、数個の小さな総苞副片があります。
痩果は長さ0.2cmで白色の冠毛があります。

〔来歴〕
1976年に徳島県鳴門市で発見されました。

〔備考〕
外来生物法により「特定外来生物」に指定されています。
アルカロイドを含み、草食動物に対して有毒なため、家畜が中毒症状をおこす恐れがあります。
名前 ナルトサワギク (鳴門沢菊) 、コウベギク (神戸菊)
Madagascar ragwort、Madagascar groundsel、fireweed
花咲く季節 ? 1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
分布または原産地 ? マダガスカル
指定植物 ? 特定外来生物
生活型 ? 一年草、多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 200〜700mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
葉の色 ?
毒性 ? アルカロイドを含み、草食動物に対して有毒
検索サイトの検索キー ? ナルトサワギク