筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

オオハンゴンソウ

キク科 オオハンゴンソウ属

Rudbeckia laciniata

〔基本情報〕湿り気のある草地や川原に群生する高さ0.5~3mの多年草。
横に這う地下茎をもちます。
茎は枝分かれし、無毛またはまばらに毛がはえます。
葉には根出葉と茎葉があります。
根出葉は2回羽状に深裂し、若い葉では毛が多くはえ、長い葉柄をもちます。
茎葉は互生し、羽状に5~7裂し、裂片がさらに中ほどまで裂け、長い葉柄をもちます。
茎の上部では3~5裂または単葉となり、無柄です。
茎葉の両面には短い毛がまばらにはえます。
茎先に径5~6cmの頭花を上向きにつけます。
舌状花は6~14個あり、黄色です。
筒状花は緑黄色です。
花床は半球形で、花後には円錐状に盛り上がります。
果実は痩果です。

〔来歴〕明治中期に観賞用として導入されました。

〔備考〕外来生物法により「特定外来生物」に指定されています。
名前 オオハンゴンソウ (大反魂草)
cutleaf、cutleaf coneflower、goldenglow、green-headed coneflower、tall coneflower、sochan、thimbleweed
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 北アメリカ
指定植物 ? 特定外来生物
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 500〜3000mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生、根生
花の色 ?
花径 ? 50〜60mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? オオハンゴンソウ

「オオハンゴンソウ」への投稿写真