日光のスギいいね!しよう

トウゲブキ

キク科 メタカラコウ属

Ligularia hodgsonii

〔基本情報〕
山地や高山の草原、海岸の草原でみられる高さ30~80cmの多年草。
葉には根出葉と茎葉があります。
根出葉は長さ4.5~13cm、幅7.5~27cmの腎形で、縁には鈍い鋸歯があります。
根出葉には長い葉柄があり、葉柄の基部は鞘状になります。
花茎の先に黄色い頭花が5~9個、散房状につきます。
花茎には花序の部分にのみ、くも毛がはえます。
頭花は径4~5cmほどで、舌状花が7~12個ほどつきます。
果実は痩果で、赤色をおびた冠毛があります。
名前 トウゲブキ (峠蕗) 、エゾタカラコウ (蝦夷宝香) 、オニタカラコウ (鬼宝香)
花咲く季節 ? 7月、8月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州:東北地方)
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? オタカラコウ、メタカラコウ
草丈・樹高 ? 300〜800mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? トウゲブキ

「トウゲブキ」への投稿写真