3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

文一総合出版

オタカラコウ

キク科 メタカラコウ属

Ligularia fischeri

〔基本情報〕
山地や亜高山の流れ沿いや湿地でみられ、しばしば群生する高さ1~2mの多年草。
茎や葉柄はしばしば紫色を帯び、茎の上部と花序に黄褐色の軟毛がはえることがあります。
葉には根出葉と3枚の茎葉があります。
根出葉は長さ32cm、幅40cmにもなる腎円形で、縁には鈍い鋸歯があります。
根出葉には長い葉柄があり、葉柄の基部は鞘状になります。
花茎の先に黄色い頭花が20個以上、総状につきます。
頭花は径4cmほどで、舌状花が5~9個ほどつきます。
果実は痩果で、褐色~紫褐色をおびた冠毛があります。

〔利用〕
根と根茎を薬用とします。

〔栽培〕
増殖は実生、株分けによります。
日当たりと風通し、水はけ・水もちがよく、適度に湿り気のある土壌を好みます。
夏の強い直射日光にあたると葉焼けを起こすことがあるので、真夏は半日陰の場所に移すか遮光をするとよいです。
水やりは水切れしないように注意し、鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は夏に晴天が続いて乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は元肥を施せば特に必要ありませんが、鉢植えの場合は春に緩効性肥料を置き肥してもよいです。
病虫害は特にありません。
名前 オタカラコウ (雄宝香)
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(本州:山形県以南~九州)、中国、シベリア東部、サハリン
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? トウゲブキ、メタカラコウ
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
草丈・樹高 ? 1000〜2000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐湿性
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園
有用 ? 薬用
検索サイトの検索キー ? オタカラコウ