おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

フランスギク

キク科 フランスギク属

Leucanthemum vulgare

〔基本情報〕
高さ60~100cmの多年草。
茎の基部は木質化し、全体に無毛です。
葉には根出葉と茎につく葉があり、根出葉は長さ4~15cm、幅5cmほどのへら形で、縁に歯牙または鋸歯があり、葉柄をもちます。
茎につく葉は互生し、葉柄はなく、基部がやや茎を抱きます。
頭花は径3~6cmほどです。
頭花の周縁につく舌状花は白色、中心の筒状花は黄色です。
果実は痩果です。

〔来歴〕
江戸時代末期に導入されました。

〔栽培〕
増殖は実生、株分け、挿芽によります。
日当たりと水はけがよく肥沃な土壌を好みますが、夏の強い西日は避けるようにします。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
肥料は元肥のほか、春に緩効性化成肥料を施します。
病虫害としてはアブラムシがあります。
名前 フランスギク
ox-eye daisy、oxeye daisy、dog daisy
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
分布または原産地 ? ヨーロッパ~西アジア
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
草丈・樹高 ? 600〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 鋸歯、歯牙
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、株分け、挿芽
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植、花壇
虫害 ? アブラムシ
日本花き取引コード ? 61407
検索サイトの検索キー ? フランスギク