おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

センボンヤリ

キク科 センボンヤリ属

Leibnitzia anandria

〔基本情報〕
草地や林縁でみられる多年草。
短い根茎をもち、葉は多数ロゼット状に根出します。
春と秋では姿が違います。
春の姿は高さ5~12cm、葉は長さ2~6cm、幅1~3cmで、裏面にはくも毛が密にはえて白色となり、短い葉柄をもちます。
春の花は花茎が1~数個でて、くも毛が密にはえ、先端に径1.5cmの頭状花序をつけます。
頭状花序は舌状花と筒状花からなり、白色で、舌状花の裏面は紫色です。
秋の姿は高さ15~60cm、葉は長さ6~15cm、幅3~6cmで羽状に裂け、長い葉柄をもちます。
秋の花は花茎が数個でて、くも毛がまばらにはえ、先端に頭状花序をつけます。
頭状花序は筒状花からなり、円錐形にちかい形の閉鎖花となります。
果実は痩果で褐色の冠毛があります。

〔利用〕
全草を薬用とします。

〔栽培〕
増殖は株分け、実生によります。
日当たりと水はけのよい場所を好みます。
水やりは過湿にならないよう注意し、春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬の休眠中も完全に乾かない程度に与えます。
施肥は特に必要ありませんが、与える場合は春に有機質の肥料を少量与えます。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
秋の花の姿が名の由来です。
別名のムラサキタンポポは春の花に由来します。
名前 センボンヤリ (千本槍) 、ムラサキタンポポ (紫蒲公英)
花咲く季節 ? 3月、4月、5月、6月、9月、10月、11月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、中国、台湾、南千島、サハリン、ウスリー、アムール、東シベリア
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、9月、10月
草丈・樹高 ? 50〜600mm
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ? 紫、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 59428
検索サイトの検索キー ? センボンヤリ