秋咲きのアマリリスnewインスタ11月の過去記事

コオニタビラコ

キク科 ヤブタビラコ属

Lapsanastrum apogonoides

〔基本情報〕道端や畑、田のあぜ、耕す前の田んぼなどでみられる高さ4~20cmの越年草。
茎は数本出ます。
葉には根出葉と茎葉があります。
根出葉はロゼット状に数多く出て、長さ4~10cmで、羽状に分裂します。
茎葉は1~3枚、互生します。
頭花は茎先に散房状につき、黄色です。
頭花は6~9個の舌状花のみからなり、花冠は長さ5~6.2mmほどです。
咲き終わると花柄が伸びて垂れ下がり、果実が地面に接します。
果実は痩果で、冠毛はなく、先に2または4個のかぎがつきます。

〔利用〕春の七草のホトケノザとして、若葉を食用とします。

〔備考〕タビラコ(田平子)は田んぼで葉を広げる様子をあらわしたもので、オニタビラコより小型なのでこの名があります。
名前 コオニタビラコ (小鬼田平子) 、タビラコ (田平子) 、ホトケノザ (仏座)
Nipplewort
花咲く季節 ? 3月、4月、5月、6月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)、朝鮮、中国
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 40〜200mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生、根生
花の色 ?
葉の色 ?
物日の関わり ? 年中行事 人日
検索サイトの検索キー ? コオニタビラコ