おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ウラジロチチコグサ

キク科 チチコグサモドキ属

Gamochaeta coarctata

〔基本情報〕
道端や空き地などでみられる高さ15~35cmの越年草。
茎は基部からよく枝分かれし、白い綿毛が密にはえます。
葉には根生葉と茎につく葉があり、根生葉は開花期にも残ります。
茎につく葉は互生する単葉で、長さ3~8cm、幅0.6~1.5cmの楕円形です。
葉の裏面に白い綿毛が密にはえ、白く見えます。
葉の縁は波打ちます。
長さ2~20㎝の長い穂状花序を茎の上部に出し、径0.4cmの頭花を多数つけます。
総苞片は光沢のある黄緑色ですが、ときに紫色~バラ色を帯びます。
果実は痩果です。

〔来歴〕
昭和40年代後半に知られるようになり、現在は各地で帰化しています。
名前 ウラジロチチコグサ (裏白父子草) 、アメリカチチコグサ
gray everlasting、elegant cudweed
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月
分布または原産地 ? 南アメリカ
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 150〜350mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
花のつき方 ? 頭状花序
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ウラジロチチコグサ

「ウラジロチチコグサ」への投稿写真