名熊の二本杉new7月の過去記事いいねしよう

ダンドボロギク

キク科 タケダグサ属

Erechtites hieraciifolius var. hieraciifolius

〔基本情報〕道端、空き地、埋め立て地などでみられる高さ1mほどの一年草。
茎は直立して、上部で枝分かれし、ほぼ無毛です。
葉は互生する単葉で、長さ10~20cm、幅1.5~4cmの狭披針形~広線形です。
葉の縁には不揃いの鋸歯があります。
葉の基部は茎を抱きます。
葉は羽状に裂けることもあります。
茎先に多くの頭花を円錐状につけます。
頭花は全て筒状花からなります。
筒状花は白色で、先端は淡い黄色~淡い黄緑色となります。
果実は痩果で白色の冠毛があります。

〔来歴〕1933年に愛知県の段戸山で発見されました。

〔備考〕発見地が和名の由来になっています。
名前 ダンドボロギク (段戸襤褸菊)
fireweed、American burnweed、pilewort
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 北アメリカ
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ベニバナボロギク
草丈・樹高 ? 1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花の色 ? 黄白、緑、白
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ダンドボロギク