3/15をもってサービスを停止いたします パパイヤnew

ベニバナボロギク

キク科 ベニバナボロギク属

Crassocephalum crepidioides

〔基本情報〕
道ばたや造成地などでみられる高さ50~120cmの一年草。
森林伐採跡地や山火事跡地などに真っ先に出現する先駆植物で、元の植生が回復すると姿を消します。
全体にやわらかく、水気が多く、シュンギクに似た香りがあります。
茎は直立して、よく枝分かれし、赤紫色を帯びます。
葉は互生し、長さ5~15cm、幅1~8cmの楕円形~倒披針形で、両面にまばらに毛がはえます。
茎の下部の葉は羽状に裂け、上部の葉は粗い鋸歯があります。
葉の基部は茎を抱きません。
茎先に頭花を下向きに多数つけます。
頭花は筒状花のみからなり、先端が紅赤色です。
花柱は花の外に長く突き出し、先が2つに分かれて、先が巻きます。
総苞は長さ0.9~1.3cm、径0.7cmの円筒形で、線形の総苞片が1列あります。
果実は痩果で白色で糸状の冠毛が多数ありますが、冠毛は取れやすいです。

〔来歴〕
戦後、福岡県で確認され、以後、本州~九州の各地に帰化しています。

〔利用〕
若葉は食べられます。
全草を乾燥して薬用にも用いられます。
名前 ベニバナボロギク (紅花襤褸菊) 、南洋春菊 、南洋菊 、昭和草
redflower ragleaf
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 熱帯アフリカ
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ダンドボロギク
草丈・樹高 ? 500〜1200mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
葉の色 ?
食用 ?
有用 ? 薬用、食用
検索サイトの検索キー ? ベニバナボロギク