名熊の二本杉new7月の過去記事いいねしよう

オオキンケイギク

キク科 キンケイギク属

Coreopsis lanceolata

〔基本情報〕高さは30~70cmになる多年草。
道端や河川敷、空き地などでみられ、しばしば大群落をつくります。
葉には根出葉と茎葉があり、根出葉は3~5小葉からなり、裂片は細長いへら状で全縁です。
根出葉には長い葉柄があります。
茎につく葉は互生し、上の方につく葉は分裂しません。
葉の両面には粗い毛がはえます。
茎先に径5~7cmほどの頭状花をつけます。
舌状花は橙黄色で先端に不規則な切れ込みがあります。
筒状花も橙黄色です。
舌状花の基部が赤褐色となるものや八重咲きのものもあります。
果実は扁平な痩果で、縁に半透明の薄い翼がつきます。

〔来歴〕明治中期に観賞用として導入されました。

〔備考〕外来生物法により「特定外来生物」に指定されています。
名前 オオキンケイギク (大金鶏菊) 、ケナシオオキンケイギク (毛無大金鶏菊) 、ホソバオオキンケイギク (細葉大金鶏菊) 、アラゲオオキンケイギク (粗毛大金鶏菊)
lance-leaved coreopsis
花咲く季節 ? 5月、6月、7月
分布または原産地 ? 北アメリカ(ミシガン州~フロリダ州、ニューメキシコ州)
指定植物 ? 特定外来生物
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 300〜700mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 全縁
花の色 ?
花径 ? 50〜70mm
検索サイトの検索キー ? オオキンケイギク