おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

オオアレチノギク

キク科 Conyza属

Conyza sumatrensis

〔基本情報〕
道端、空き地などでみられる高さ1~1.8mの越年草。
全体に軟毛が密にはえます。
葉には根生葉と茎葉があり、根生葉は倒披針形です。
茎葉は長さ8~15cm、幅1~2cmの線状倒披針形~線状披針形で、全縁またはまばらに鋸歯があります。
葉の両面にはやわらかい毛が密にはえます。
茎先の花序には頭花が円錐状に多数つきます。
頭花はくすんだ白色~淡黄色で、舌状花が多数ありますが、小さくめだたないため、花弁がないように見えます。
総苞は5mmほどです。
果実は痩果で冠毛があります。

〔来歴〕
世界の暖帯~熱帯に広く帰化しています。
日本には昭和初期にはいってきました。
名前 オオアレチノギク (大荒地野菊)
Guernsey fleabane、tall fleabane、broad-leaved fleabane、white horseweed、Sumatran fleabane
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 南アメリカ
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? アレチノギク、ヒメムカシヨモギ
草丈・樹高 ? 1000〜1800mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 全縁、鋸歯
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ? 白、黄白
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? オオアレチノギク