おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ベニバナ

キク科 ベニバナ属

Carthamus tinctorius

〔基本情報〕
きわめて古くから栽培される高さ1mほど一年草。
直根性の太い根があります。
茎は直立して、上部で枝分かれします。
葉は互生する単葉で、楕円形、深緑色でかたく、縁に鋭い刺状の鋸歯があります。
頭花は枝先につき、径2.5~4cm、すべて筒状花からなり、黄色く、のち赤色に変化します。
外側の総苞片は葉状になります。
果実は長さ0.6cmの痩果で非常に短い冠毛をもちます。

〔来歴〕
紅色の染料をとるために古くから栽培され、『万葉集』など古典にも登場します。

〔利用〕
花を紅色の染料や着色料、化粧品、薬用に利用します。
痩果からは油が採れ、食用油として利用されます。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
乾燥気味の気候を好み、日当たりと水はけのよい砂質土壌を好みます。
酸性土壌や多湿を嫌います。
水やりは降雨にまかせます。
施肥は元肥を施せば特に必要ありません。
草丈が高くなるので、倒れないように支柱を立てたほうがよいです。
病虫害として炭疽病、アブラムシなどがあります。
名前 ベニバナ (紅花) 、セイヨウベニバナ (西洋紅花) 、クレノアイ (呉藍) 、スエツムハナ (末摘花) 、サフラワー
safflower
花咲く季節 ? 6月、7月
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月
草丈・樹高 ? 1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 刺状
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ? 赤、橙、黄
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? アルカリ性、中性
用途適性 ? 花壇、切花、公園・庭園
病害 ? 炭疽病
虫害 ? アブラムシ
有用 ? 薬用、食用、その他クラフト
二十四節気、七十二候 ? 小満 次候
文化との関わり ? 紅色の染料をとるために古くから栽培され、『万葉集』など古典にも登場します。
日本花き取引コード ? 14317
検索サイトの検索キー ? ベニバナ

「ベニバナ」への投稿写真