おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

コシロノセンダングサ

キク科 センダングサ属

Bidens pilosa var. minor

〔基本情報〕
道ばたや空き地でみられる高さ50~110cmほどの一年草。
茎は直立して、枝分かれし、4~6稜があり、短い毛がはえます。
葉は茎の下部のものは対生、上部では互生する長さ10~14cmの羽状複葉で、3~5小葉からなります。
茎の上部の葉では羽状複葉にならず、3裂または披針形の単葉となるものもあります。
葉の縁には鋸歯があります。
茎の上部の枝先に頭花をつけ、白色の舌状花が4~7個つきます。
総苞外片は先が広がったさじ形で、7~8個あります。
果実は痩果で、2~4本の芒(刺)があります。
芒には下向きの小さな刺があります。

〔来歴〕
江戸時代に渡来し、関東地方以西に帰化しています。

〔利用〕
全草を薬用とします。
名前 コシロノセンダングサ (小白栴檀草) 、シロノセンダングサ (白栴檀草) 、シロバナセンダングサ (白花栴檀草) 、オオバナセンダングサ (大花栴檀草)
花咲く季節 ? 9月、10月、11月、12月、1月
分布または原産地 ? 熱帯アメリカ
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? コセンダングサ
草丈・樹高 ? 500〜1100mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 対生、互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
葉の色 ?
有用 ? 薬用
検索サイトの検索キー ? コシロノセンダングサ

「コシロノセンダングサ」への投稿写真