3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

コバノセンダングサ

キク科 センダングサ属

Bidens bipinnata

〔基本情報〕
道端や空き地などでみられる高さ30~90cmほどの一年草。
茎は直立して、枝分かれし、稜があり、ほぼ無毛です。
葉は茎の下部のものは対生、上部では互生する2回羽状複葉で、下部の葉はときに3回羽状に中裂します。
葉の両面にはやや毛がはえ、頂小葉は幅が狭く、先が長くとがり、1~2対の歯牙があります。
茎の上部の枝先に頭花をつけ、黄色の舌状花が1~3個つきます。
総苞外片は広線形で、5~7個あります。
果実は痩果で、3~4本の芒(刺)があります。
芒には下向きの小さな刺があります。

〔来歴〕
日本には古くから帰化していて、長野県小諸市で採集されたものに、1925年に和名がつけられ報告されました。
名前 コバノセンダングサ (小葉栴檀草)
Spanish needles beggar-ticks
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(本州~琉球)、世界暖温帯~熱帯
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 300〜900mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 対生、互生
縁の形 ? 歯牙
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? コバノセンダングサ

「コバノセンダングサ」への投稿写真