3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

シロヨメナ

キク科 シオン属

Aster ageratoides var. ageratoides

〔基本情報〕
山地の林縁などでみられる高さ30~150cmの多年草。
匍匐する長い地下茎をもちます。
茎は上部で枝分かれします。
葉には根出葉と茎葉があります。
茎につく葉は互生する単葉で、長さ4.5~15cm、幅2~6cmの長楕円状披針形となり、3本の脈がめだちます。
葉の縁には大きな鋸歯があります。
葉の基部は細くなって、ごく短い葉柄に流れます。
上部の葉では葉柄はほぼありません。
茎の上部に頭花が散房状につきます。
頭花は径1.5~2cmほどで、舌状花はときに淡い紫色を帯びる白色です。
長さ4mmの総苞がつき、総苞片は3列します。
痩果は長さ2.5mmの狭倒卵形で、冠毛は長さ4mmです。

〔栽培〕
増殖は実生、株分け、挿芽によります。
水はけがよく、半日陰で西日の当たらない場所を好みます。
地植えの場合は落葉樹の下に植えるとよいです。
水やりは鉢植えでは土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は夏に晴天が続いて乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は元肥を施せばあまり必要ありませんが、鉢植えの場合は春に油かすを少量与えてもよいです。
種を採らないのであれば、花が終わったらこまめに花がらを摘むようにします。
病虫害としてはうどんこ病、ナメクジ、ヨトウムシ、アブラムシなどがあります。
名前 シロヨメナ (白嫁菜) 、ヤマシロギク (山白菊) 、ホソバノシロヨメナ (細葉白嫁菜) 、オオバナシロヨメナ (大花白嫁菜) 、オオヤマシロギク (大山白菊) 、チョウセンノコンギク(朝鮮野紺菊)、シベリアノコンギク、ノヤマコンギク
花咲く季節 ? 9月、10月、11月
分布または原産地 ? 日本(本州~九州)、朝鮮、台湾
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、4月、9月、10月
草丈・樹高 ? 300〜1500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け、挿芽
日照条件 ? 半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐暑性
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園
病害 ? うどんこ病
虫害 ? ナメクジ、ヨトウムシ、アブラムシ
検索サイトの検索キー ? シロヨメナ