筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

エンシュウハグマ

キク科 モミジハグマ属

Ainsliaea dissecta

〔基本情報〕山地の乾いた木陰にはえる高さ10~30cmほどの多年草。
地下茎が這います。
葉は茎の下半分にやや輪状に多数互生し、長さ2.3~6.5cmで掌状に3~5深裂します。
裂片はさらに裂けるか、縁に鋸歯がでます。
葉柄は長さ2.5~8.5cmです。
茎先に総状または複総状花序を出し、径8mmほどの頭花をつけます。
頭花には3個ずつ小花がつき、小花は白~淡い紅色で、花弁が風車状によじれます。
果実は痩果で冠毛があります。
名前 エンシュウハグマ (遠州羽熊)
花咲く季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 日本(静岡県、愛知県、三重県)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 100〜300mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花の色 ? 桃、白
花径 ? 8mm
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 77510
検索サイトの検索キー ? エンシュウハグマ

「エンシュウハグマ」への投稿写真