てのひらガーデニングnew2月の過去記事いいねしよう

キッコウハグマ

キク科 モミジハグマ属

Ainsliaea apiculata var. apiculata

〔基本情報〕
山地のやや乾いた木陰にはえる高さ10~20cmほどの多年草。
細長い地下茎が這います。
葉は茎の下部に輪状に5~11枚が互生し、長さ1~3cmで五角形または浅く5裂します。
葉の両面には長い毛がはえます。
葉柄は葉のほぼ2倍の長さがあります。
茎先に総状または複総状花序を出し、頭花をつけます。
頭花には3個ずつ小花がつき、小花は白色で、花弁が風車状によじれます。
しばしば閉鎖花をつけ、閉鎖花のみからなる花序となる場合もあります。
果実は痩果で密に毛がはえ、冠毛があります。

〔栽培〕
増殖は実生、株分けによります。
水はけのよい土壌を好み、春先は日当たりがよく、夏は半日陰になるような場所で管理します。
水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は春と秋に緩効性肥料を置き肥します。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
葉の形を亀甲、花を白熊に例えた名です。
名前 キッコウハグマ (亀甲羽熊)
花咲く季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道道南地方~九州:屋久島まで)、済州島、朝鮮南部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月
草丈・樹高 ? 100〜200mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生、根生
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植
検索サイトの検索キー ? キッコウハグマ