東照宮の花newエバーグリーンのインスタ

クサトベラ

クサトベラ科 クサトベラ属

Scaevola taccada

〔基本情報〕
海岸の砂地や岩の間にはえ、高さ1~2mほどになる常緑低木。
まばらに枝分かれし、小枝はもろく折れやすいです。
葉は互生する単葉で、枝先に集まってつき、長さ10~15cm、幅4~6cmの倒卵状へら形で、質がやわらかく、基部は次第に細くなって葉柄に流れます。
葉腋に長さ3~6cmの集散花序を出し、5~10個の花をつけます。
花は白色で、花冠は5深裂して、花筒上部が基部まで裂けるため、裂片が扇状に広がります。
花の内側にはやや縮れた絹毛がはえます。
雄しべは5個です。
果実は長さ0.8~1cmの核果で白色に熟し、海水に浮かんで散布されます。

〔利用〕
葉や材、根を薬用とします。
名前 クサトベラ
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月、10月
実のなる季節 ? 9月、10月、11月、12月、1月、2月
分布または原産地 ? 日本(屋久島・種子島~琉球、小笠原)、中国南部、東南アジア、インド、ポリネシア、オーストラリア、熱帯アフリカ東部
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 1000〜2000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 集散花序
花の色 ?
花序の長さ ? 30〜60mm
実の色 ?
葉の色 ?
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 77876
検索サイトの検索キー ? クサトベラ