浴衣の文様newインスタ8月の過去記事

クロソヨゴ

モチノキ科 モチノキ属

Ilex sugerokii var. sugerokii

日本の暖地に分布し、岩地にはえる雌雄異株の常緑低木。
若い枝には稜があり、細い毛が密生します。葉にはあらく低い鋸歯があり、葉先は短くとがります。花は新枝の葉腋につき、雄花は1-3個ずつ、雌花は1個ずつつき、白色です。雌株には秋に球形で赤色の実がつきます。
名はソヨゴに似て、樹皮が黒いことからつけられました。
名前 クロソヨゴ (黒冬青) 、ウシカバ 、アブラギ
花咲く季節 ? 7月
実のなる季節 ? 10月
分布または原産地 ? 日本(本州山梨県太平洋側-中国地方)、四国
検索サイトの検索キー ? クロソヨゴ