オランダガラシって?newローズメイカー6月の過去記事いいねしよう

ヒロハタマミズキ

モチノキ科 モチノキ属

Ilex macrocarpa

林内にはえる落葉高木。
雌雄異株です。
2年目の枝は赤褐色に灰白色の皮目がめだちます。
葉は互生する単葉で、長さ6~12cm、幅4~6cmの楕円形または卵状楕円形、先端は鋭く尖り、縁に鋭い鋸歯があります。
葉柄は1~1.5cmです。
葉の質はやや厚くてやわらかいです。
前年の枝に出る短枝に葉に混ざって花を束生させます。
雄花序では4~15個、雌花序では1~8個の花をつけます。
ときに新枝の葉腋にも2~4個の花からなる花序をつけます。
雄花、雌花とも白色で、5~7枚の花弁をもちます。
雄花は径5mmほどで花弁は卵形、雌花は径1cmほどで花弁は長楕円形です。
果実は径1cmほどの球形で赤色からのちに黒紫色に熟します。
種子は5~7個含まれ、長さ8mmほどのやや扁平な三角状長楕円形で、背面に3本の細い稜が縦に走ります。
名前 ヒロハタマミズキ (広葉玉水木)
花咲く季節 ? 4月、5月
実のなる季節 ? 10月
分布または原産地 ? 日本(奄美大島)、中国中南部
指定植物 ? CR:絶滅危惧IA類
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 直立
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花弁の数 ? 5~7
花の色 ?
花径 ? 5〜10mm
実の色 ? 赤、紫、黒
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ヒロハタマミズキ