浴衣の文様newインスタ8月の過去記事

ハナイカダ

ハナイカダ科 ハナイカダ属

Helwingia japonica subsp. japonica var. japonica

〔基本情報〕
山地の林内でみられる高さ3mになる落葉低木。
よく枝分かれし、若い枝は緑色または紫褐色となります。
葉は互生する単葉で、長さ4~13cm、幅1.5~7cmの楕円形~卵形で、先が芒状にとがります。
4~6対の側脈が裏面に隆起します。
葉の縁には芒状にとがる鋸歯があります。
葉柄は長さ1~5cmです。
雌雄異株です。
雄花・雌花とも径0.4~0.6cmで淡い緑色の3~4弁花で、葉の中央につきます。
雄花は1~20個が束生します。
雌花はふつう1個ずつつきますが、2~3個つくこともあります。
果実は径0.7~1.1cmで球形の液果で、黒色に熟します。

〔利用〕
若芽を山菜とするほか、葉や根を薬用にします。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
種子はとりまきとします。
半日陰~日陰で、水はけと水もちがよく、適度に湿り気がある肥沃な土壌を好みます。
強い直射日光や乾いた寒風は避けるようにします。
水やりは乾燥に注意し、鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は夏に乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は寒肥として堆肥など有機質の肥料を株の周りに穴を掘って施します。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
花が葉の中央につく様子を、いかだに例えた名です。
名前 ハナイカダ (花筏)
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
実のなる季節 ? 7月、8月
分布または原産地 ? 日本(北海道南部~九州)、中国
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 11月、12月、2月、3月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 3000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生、束生
花弁の数 ? 3;4
花の色 ?
花径 ? 4〜6mm
実の色 ? その他
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 半日陰、日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐湿性、耐陰性
用途適性 ? 盆栽、鉢植、公園・庭園
食用 ? 葉、茎
有用 ? 薬用、食用
日本花き取引コード ? 19610
検索サイトの検索キー ? ハナイカダ