ケンポナシnewいいねしよう1月の過去記事

ハマクマツヅラ

クマツヅラ科 クマツヅラ属

Verbena litoralis

〔基本情報〕
日当たりのよい河川敷や荒地、道端などでみられ、高さ0.3~2mほどになる多年草。
茎は1~数本出て、しばしば基部が木質化し、上部でよく枝分かれします。
茎の断面は四角形で、ほとんど毛はありません。
葉は対生する単葉で、長さは10cmほどになる狭楕円形~披針形です。
葉の表面は葉脈が凹み、両面に毛がはえ、葉の縁には鋸歯があります。
明らかな葉柄があり、基部は茎を抱きません。
茎の先に長さ3cmの穂状花序を多数出します。
花序の下部ではしばしば花はまばらにつきます。
花は径3mmで淡い紫色、花冠は5裂します。

〔来歴〕
第二次世界大戦後、沖縄で帰化が確認され、現在は関東地方以西に帰化しています。
名前 ハマクマツヅラ (浜熊葛) 、ヒメクマツヅラ (姫熊葛)
seashore vervain、Brazilian vervain
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? メキシコ~アルゼンチン、チリ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? アレチハナガサ
草丈・樹高 ? 300〜2000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 穂状花序
花の色 ?
花序の長さ ? 30mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ハマクマツヅラ

「ハマクマツヅラ」への投稿写真