筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

デュランタ(タイワンレンギョウ)

クマツヅラ科 タイワンレンギョウ属

Duranta erecta

〔基本情報〕
高さ2~6mほどの常緑低木~小高木。
枝には4稜があり、よく枝分かれして、先がときに垂れ下がります。
枝にはしばしば刺があり、やわらかい毛が密にはえることがあります。
葉は対生または輪生する単葉で、長さ10cmほどの楕円形です。
葉の縁は全縁または上半分に粗い鋸歯があります。
気温さえあれば周年開花します。
枝先または葉腋に円錐状の総状花序を下垂させ、多数の花をつけます。
花は径1.2~1.5cmで藤色~淡青紫色の漏斗状で先が5裂し、筒部は湾曲します。
果実は径0.7mmで球形の石果で、黄色く熟して、長く枝に残ります。

〔来歴〕
1733年に紹介され、明治時代中期に渡来しました。

〔栽培〕
増殖は挿木によります。
霜にあたらなければ露地で越冬できます。
日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。
日当たりが悪いと花つきが悪くなります。
丈夫で生長がはやく、痩せ地にも耐えます。
水やりは鉢植えの場合は春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味に管理します。
地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は春~秋に緩効性化成肥料を施しますが、チッ素分が多いと葉ばかり茂って花つきが悪くなります。
病虫害としてはアブラムシやハダニがあります。
名前 デュランタ(タイワンレンギョウ) 、タイワンレンギョウ (台湾連翹) 、ハリマツリ (針茉莉) 、デュランタ 、デュランタ レペンス 、ジュランカツラ
golden dewdrop、pigeon berry、skyflower
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? アメリカ合衆国(フロリダ)、メキシコ、西インド諸島、ブラジル
生活型 ? 低木、小高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、6月、7月、8月
形状 ? 分枝、枝垂れ
草丈・樹高 ? 2000〜6000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生、輪生
縁の形 ? 全縁、鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
花径 ? 12〜15mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、生垣、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
虫害 ? アブラムシ、ハダニ
検索サイトの検索キー ? デュランタ(タイワンレンギョウ)