おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

オオヒキヨモギ

ハマウツボ科 ヒキヨモギ属

Siphonostegia laeta

〔基本情報〕
降水量の少ない地域の、やや乾いた草地でみられる高さ30~70cmの一年草。
半寄生植物です。
全体に腺毛が密にはえ、粘ります。
葉は茎の下部では対生、上部では互生し、長さ1.5~3cm、幅1.2~2cmの卵形で、羽状に深く裂けます。
花は茎の上部の葉腋に単生し、長さ2.8cmの黄色い唇形花です。
上唇はかぶと状で、ときに紫色を帯び、先は狭まらず、2裂しません。
下唇は3裂します。
萼には腺毛が密にはえます。
果実は蒴果で、萼に包まれます。
名前 オオヒキヨモギ (大引蓬)
花咲く季節 ? 8月、9月
分布または原産地 ? 日本(本州:関東・中京・近畿・中国地方、四国:瀬戸内海側)、中国中南部
指定植物 ? VU:絶減危惧II類
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 半寄生
良く似た植物 ? ヒキヨモギ
草丈・樹高 ? 300〜700mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 対生、互生
花のつき方 ? 単生
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? オオヒキヨモギ

「オオヒキヨモギ」への投稿写真