おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

クチナシグサ

ハマウツボ科 クチナシグサ属

Monochasma sheareri

〔基本情報〕
年間降水量1,800mm以下の乾いた地方に分布し、落葉樹林内でみられる越年草。
半寄生植物です。
茎は長さ15~60cmで、地を這い、基部からよく枝分かれします。
茎にはまばらに毛がはえます。
葉は対生する単葉で、茎の上部では長さ2~3cm、幅0.2~0.3cmの線形です。
茎の下部の葉は鱗片状になります。
花は茎の上部の葉腋に単生し、長さ1cmほどで淡い紅紫色の唇形花です。
花冠は2裂して、下唇の基部に黄色の斑紋があります。
萼は筒状で深く4裂し、裂片は線形です。
萼の基部には萼裂片に似た形の苞葉が2個つきます。
果実は蒴果で、大きくなった萼に包まれます。

〔備考〕
果実がクチナシの実に似ることが名の由来です。
名前 クチナシグサ (梔子草) 、カガリビソウ (篝火草)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州:関東地方以西、四国:瀬戸内海側、九州北部)、朝鮮南西部、中国中部
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 半寄生
草丈・樹高 ? 150〜600mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
花のつき方 ? 単生
花の色 ? 黄、桃、白
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? クチナシグサ