筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ハエドクソウ

ハエドクソウ科 ハエドクソウ属

Phryma leptostachya subsp. asiatica

〔基本情報〕
人里近くや山地の林内、林縁でやや日陰になる場所でみられる高さ50~70cmの多年草。
短い地下茎があります。
茎は直立して、上部でやや枝分かれし、節がややふくらみます。
茎には下向きの短い毛がはえます。
葉は対生する単葉で、茎の全体につく傾向があり、長さ7~10cm、幅4~7cmの卵円形~楕円形、葉の基部は心形~切形です。
茎の基部の葉は心形となります。
葉の両面の脈上に毛がはえ、裏面の脈は密で、細脈は明瞭です。
葉の縁には鋸歯があります。
茎の下部の葉には長い葉柄がありますが、上部のものではほぼ無柄となります。
茎先や葉腋に長さ10~20cmの穂状花序を出し、まばらに花をつけます。
花は長さ0.5cmの筒状で、先は唇形となり、しばしば淡い桃色を帯びる白色です。
花冠上唇は2裂し、裂片の幅が肩状に急に狭まります。
花ははじめ上向きで、開花すると横向き、果実の時期には下を向きます。
果実は長さ5mmの蒴果です。
果実は萼に包まれ、萼の先にあるかぎ状の突起で動物や衣服にくっつき運ばれます。

〔利用〕
有毒です。
全草を薬用とするほか根の汁をハエトリ紙の材料とします。
名前 ハエドクソウ (蠅毒草) 、ハエトリグサ (蠅取草)
花咲く季節 ? 7月、8月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、中国、ヒマラヤ、シベリア東部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ナガバハエドクソウ
草丈・樹高 ? 500〜700mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 穂状花序
花の色 ? 桃、白
花序の長さ ? 100〜200mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ハエドクソウ