筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

トキワハゼ

サキゴケ科 サギゴケ属

Mazus pumilus

〔基本情報〕道端や畑などに見られる高さ5~25cmの一年草。
葉は根ぎわに集まり、その間から数本の茎を直立させます。
匍匐茎は出しません。
葉は長さ1~3cm、幅0.5~1.5cmで、倒卵形で、縁に浅い鋸歯があります。
根ぎわの葉は対生して大きく、葉柄があります。
茎の上部の葉は互生して小さく、葉柄がありません。
茎先に総状花序を出し、数個の花をまばらにつけます。
花冠は紅紫色で長さ1cm、先が2唇形に開き、上唇はわずかに2裂、下唇は3裂し、中央部は隆起して黄色地に赤褐色の斑紋があります。
果実は扁球形の蒴果で萼に包まれています。

〔備考〕冬以外通年開花することからトキワ(常盤)、実がはぜることからハゼと名がついたとされます。
名前 トキワハゼ (常磐黄櫨)
花咲く季節 ? 4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、朝鮮、中国、東南アジア、インド
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? サギゴケ
草丈・樹高 ? 50〜250mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生、互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? トキワハゼ