筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

コガネバナ

シソ科 タツナミソウ属

Scutellaria baicalensis

〔基本情報〕
高さ30~120cmの多年草。
径2cmほどで断面が黄色い根茎をもちます。
茎は下部が横に這って広がり、上部で立ち上がります。
葉は対生する単葉で、長さ1.5~4.5cm、幅0.3~0.5cmの披針形で、縁は全縁です。
茎先に穂状の花序を出し、花は2個ずつ一方向に偏ってつきます。
花冠は青紫色で、長さ2~3cmほど、筒部が基部で折れ曲がって立ち上がる唇形花で上唇はかぶと状となり、下唇は3裂します。
果実は分果です。

〔利用〕
根茎は黄岑(オウゴン)とよび、生薬として利用されます。

〔栽培〕
増殖は実生、株分け、挿芽によります。
日当たりと水はけと風通しがよい場所であれば土質は特に選びません。
過湿を嫌うので、鉢植えの場合は土が乾いてからたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
肥料が多すぎると茂りすぎて草姿が乱れるので、元肥を施せば特に必要ありません。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
名は根茎の色に由来します。
名前 コガネバナ (黄金花) 、コガネヤナギ (黄金柳) 、オウゴン (黄岑) 、バイカルタツナミソウ
Baikal skullcap
花咲く季節 ? 7月、8月
実のなる季節 ? 8月、9月
分布または原産地 ? 朝鮮、中国、モンゴル、シベリア東部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、9月、10月
草丈・樹高 ? 300〜1200mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 穂状花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け、挿芽
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 75670
検索サイトの検索キー ? コガネバナ

「コガネバナ」への投稿写真