筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

メドウセージ

シソ科 アキギリ属

Salvia pratensis

〔基本情報〕
高さ1~1.5mになる多年草。
茎の断面は四角形で、腺毛と軟毛がはえます。
葉は対生する単葉で、長さ7.5~15cmの卵形~長楕円形、縁には鋸歯があります。
茎の下部につく葉には長い葉柄があります。
花は4~6花ずつ5~10段の輪散花序につき、全体で長さ30~45cmほどの花穂になります。
花冠は長さ3cmになる筒状の二唇形で、ふつう紫色ですが、白やピンクの花色も見られます。
上唇は三日月形にアーチを描きます。
果実は分果です。

〔利用〕
葉や種子を薬用とします。
ビールやワインの香りづけにも用いられます。

〔栽培〕
増殖は株分け、挿木によります。
耐寒性があり、冬に地上部が枯れても根が凍らなければ春にまた芽吹きます。
凍結が心配な場合は地植えでは株元に藁を敷くなど防寒をほどこします。
日当たりと水はけのよい肥沃な場所を好みます。
日当たりが悪いと徒長して軟弱になることがあり、花つきも悪くなります。
水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。
施肥は元肥を施せば特に必要ありません。
丈夫ですが、夏の高温多湿に弱く、株が蒸れると内側や下の葉が枯れることがあるので、込み合う枝をすいて風通しをよくします。
病虫害は特にありません。
名前 メドウセージ 、メドーセージ 、メドウクラリー
meadow clary、meadow sage
花咲く季節 ? 5月、6月、7月
分布または原産地 ? ヨーロッパ、西アジア、北アフリカ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月、10月
草丈・樹高 ? 1000〜1500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 輪散花序
花の色 ? 青、紫、桃、白
花序の長さ ? 300〜450mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 花壇、公園・庭園、コンテナ
有用 ? 薬用、飲用
日本花き取引コード ? 31565
検索サイトの検索キー ? メドウセージ

「メドウセージ」への投稿写真