筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

エゴマ

シソ科 シソ属

Perilla frutescens var. frutescens

〔基本情報〕
古くから栽培される高さ60~150cmの一年草。
全体に特有の芳香があります。
茎はよく枝分かれして、4稜があり、断面は四角形です。
葉は対生する単葉で、卵形となり、縁には鋸歯状の欠刻があります。
葉の裏は紫がかることもあります。
枝先または葉腋に細長い総状花序を出し、白色の唇形花を多数つけます。
果実は分果です。

〔利用〕
種子を炒ってゴマのように使うほか、エゴマ油を採ります。
葉はビタミン(A、B1、B2、C)に富み、韓国料理では肉などを包んで食べます。
小鳥の餌としても利用されます。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
種子は好光性なので、覆土はごく薄くします。
日陰で水はけ、水もちがよく、やや湿り気のある肥沃な土壌を好み、乾燥には弱いです。
冷涼な気候を好み、北海道や東北、本州中部ではこぼれダネでよく増えます。
水やりは土の表面が乾きかけたらたっぷりと与えます。
施肥は元肥として堆肥を施します。
病虫害は特にありません。
名前 エゴマ (荏胡麻) 、エ (荏) 、ジュウネン (十稔)
花咲く季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 東南アジア
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月、7月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 600〜1500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 欠刻
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇、コンテナ、ベランダ
食用 ? 種、葉
有用 ? 食用
日本花き取引コード ? 54693
検索サイトの検索キー ? エゴマ

「エゴマ」への投稿写真