ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

イヌハッカ

シソ科 イヌハッカ属

Nepeta cataria

〔基本情報〕
道端などでみられる高さ50~100cmになる多年草。
茎や葉に白い毛がはえ、全草にハッカに似た香りがあります。
茎は枝分かれし、断面が四角形です。
葉は対生する単葉で、長さ2~6cm、幅1~3.5cmの三角状卵形です。
葉の縁には鋸歯があります。
長い葉柄があります。
茎先に長さ2~4cmの輪散花序を出します。
花は2唇形で5裂し、淡い紫色か白色です。
果実は分果です。

〔来歴〕
別名のチクマハッカは長野県筑摩郡で発見されたことに由来し、長野県のものは野生、それ以外の日本でみられるものは帰化と考えられています。
長野県のものも帰化と考える説もあります。

〔利用〕
ハーブとして栽培され、ハーブティーや料理の香りづけなど利用されます。
薬用にもされます。
猫が興奮する物質が含まれ、猫のおもちゃなどに利用されます。

〔栽培〕
増殖は実生、株分け、挿し芽によります。
日当たりと水はけがよい土壌を好みます。
鉢植えの場合は土の表面が乾いたら水を与えます。
栽培は容易です。
名前 イヌハッカ (犬薄荷) 、チクマハッカ (筑摩薄荷) 、キャットミント 、キャットニップ
catnip、catmint、catswort
花咲く季節 ? 7月、8月
分布または原産地 ? ヨーロッパ南東部~中国、日本(本州:長野県)
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
草丈・樹高 ? 500〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 輪散花序
花の色 ? 紫、白
花序の長さ ? 20〜40mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、株分け、挿芽
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
食用 ?
有用 ? 薬用、食用、飲用
動物との関わり ? 猫が興奮する物質が含まれ、猫のおもちゃなどに利用されます。
日本花き取引コード ? 23021
検索サイトの検索キー ? イヌハッカ

「イヌハッカ」への投稿写真