植物園に行こうnew十勝からの初挑戦new5月の過去記事いいね!しよう

タイマツバナ

シソ科 ヤグルマハッカ属

Monarda didyma

〔基本情報〕高さ50~150cmの多年草。
茎の断面は四角形です。
葉は対生し、卵形で鋸歯があり、毛がはえます。
花は6~8月に咲き、茎先の径4~6cmの輪散花序に密につき、赤みを帯びた葉状の苞があります。花冠は長さ3cmで上下2唇に分かれ、萼とともに緋紅色です。雄しべは2個で長く突き出します。花のつく様子をタイマツに例えた名です。

〔利用〕花や葉にカンキツのベルガモットオレンジに似た甘い香りがあり、ベルガモットまたはレッドベルガモットとも呼ばれます。乾燥させた葉や花をハーブティーとしたり、ポプリにも利用されます。また蜜源植物としても利用されています。薬用としては解熱、消化促進の効用があるといわれます。
交雑品種もやはり「ベルガモット」と総称され観賞用によく栽培されています。花色は赤色、紫色、桃色、白色など変化に富みます。

〔栽培〕増殖は株分けと実生によります。日当たりがよく、やや湿気のある土壌を好みます。耐寒性が強いです。
名前 タイマツバナ (松明花) 、ベルガモット 、レッドベルガモット
bee balm、oswego tea
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
分布または原産地 ? 北アメリカ東部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
草丈・樹高 ? 500〜1500mm
葉の形 ? 単葉
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 輪散花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
病害 ? うどんこ病、灰色かび病
有用 ? 飲用、ポプリ、薬用
日本花き取引コード ? 23333
検索サイトの検索キー ? タイマツバナ