筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

シロネ

シソ科 シロネ属

Lycopus lucidus

〔基本情報〕湿地や池沼の縁にはえる高さ80~120cmの多年草。
太く白い地下茎をもちます。
茎は枝分かれせずに直立し、断面は四角形で、節にのみ白い毛があります。
葉は対生する単葉で、長さ8~15cm、幅1.5~4cmの広披針形~狭長楕円形です。
葉はかたくて表面に光沢があり、縁には鋸歯があります。
葉腋に長さ5mmほどで白色の唇形花を密につけます。
萼は中ほどまで5裂し、先が刺状にとがります。
果実は分果です。

〔利用〕全草を薬用とするほか、地下茎は食用となります。

〔備考〕オオルリハムシの食草です。
名前 シロネ (白根) 、オシロネ
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、東アジア、北アメリカ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 800〜1200mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花の色 ?
葉の色 ?
動物との関わり ? オオルリハムシの食草
日本花き取引コード ? 72238
検索サイトの検索キー ? シロネ