筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

コシロネ

シソ科 シロネ属

Lycopus cavaleriei

〔基本情報〕湿地や池沼の縁にはえる高さ10~60cmの多年草。
横に這う地下茎をもちます。
茎は根元から枝分かれして直立し、断面は四角形で、節にのみ白い毛がはえます。
茎の基部から細長い匐枝を伸ばします。
葉は対生する単葉で、長さ3~6cm、幅1~2.5cmの菱状狭卵形です。
葉は表面に光沢がなく、縁には鋸歯があります。
葉腋に長さ3mmほどで白色の唇形花を密につけます。
萼は中ほどまで5裂し、先がとがります。
果実は分果です。
名前 コシロネ (小白根) 、イヌシロネ (犬白根) 、サルダヒコ (猿田彦) 、ヒメサルダヒコ (姫猿田彦)
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、中国
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 100〜600mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? コシロネ

「コシロネ」への投稿写真