ザゼンソウnew年間ランキング1月の過去記事いいねしよう

メハジキ

シソ科 メハジキ属

Leonurus japonicus

〔基本情報〕道端や荒れ地、堤防などでみられる高さ50~150cmの越年草。
茎は断面が四角形で、直立し、枝分かれします。
茎には白く短い毛が密にはえます。
葉には根出葉と茎葉があります。
根出葉は卵心形で、鋸歯または欠刻があり、長い葉柄をもちます。
根出葉は花の時期には枯れています。
茎葉は対生し、長さ5~10cm、3裂または全裂して、裂片は線状披針形となります。
葉の裏面には短い白色の毛が密にはえるため、灰白色に見えます。
茎の下部の葉には葉柄があります。
茎の上部の葉は葉柄がなく、小形で、線形となります。
花は上部の葉腋に数個ずつつき、淡い紅紫色です。
花冠は長さ10~13mmの唇形で、外側に白く短い毛が密にはえます。
萼は筒状で5裂し、裂片の先が刺状になります。
果実は分果です。

〔利用〕全草を益母草(ヤクモソウ)とよび、生薬として用います。

〔備考〕和名は子供が、茎を上下のまぶたにはさんで支え、眼を見開かせる遊びに使ったことによるとされます。
名前 メハジキ (目弾) 、ヤクモソウ (益母草)
Oriental motherwort、Chinese motherwort
花咲く季節 ? 7月、8月、9月
分布または原産地 ? 日本(本州~琉球)、朝鮮、中国、東南アジア
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 500〜1500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 対生、根生
縁の形 ? 鋸歯、欠刻
花の色 ?
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 66978
検索サイトの検索キー ? メハジキ