山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

キバナオドリコソウ

シソ科 オドリコソウ属

Lamium galeobdolon

〔基本情報〕
高さ30~50cmの多年草。
地下に匍匐枝を伸ばして広がります。
茎は直立して、断面は四角形で、下向きの短い毛がはえます。
葉は対生する単葉で、長さ5~8cmになる卵形で、粗い鋸歯があります。
花は上部の葉腋に輪散花序をなし、黄色です。
花冠は長さ1.5~2.5cmの唇形花で、上唇はかぶと状になり、縁には毛がはえます。
下唇の中央裂片は大きく開出して、虫がとまる足場となり、オレンジ色の斑紋があります。
果実は分果です。

〔栽培〕
増殖は実生、株分け、挿し芽によります。
日向~半日陰で水はけがよく、西日や夏の強い直射日光の当たらない場所を好みます。
夏に半日陰となる落葉樹の下に植えるとよいです。
環境が合えば放任してもよく育ちます。
水やりは鉢植えでは土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
夏に過湿にならないように注意します。
施肥はあまり必要ありませんが、鉢植えの場合は春と秋に液肥を与えてもよいです。
花が終わったらこまめに花がらを摘むようにします。
病虫害として斑点病、ナメクジがみられます。
名前 キバナオドリコソウ (黄花踊子草) 、ツルオドリコソウ (蔓踊子草) 、ラミウム ガレオブドロン
yellow archangel、artillery plant、aluminium plant、yellow weasel-snout
花咲く季節 ? 3月、4月、5月、6月
分布または原産地 ? ヨーロッパ~西アジア
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
草丈・樹高 ? 300〜500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 輪散花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け、挿芽
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? グラウンドカバー、花壇、公園・庭園
病害 ? 斑点病
虫害 ? ナメクジ
日本花き取引コード ? 21563
検索サイトの検索キー ? キバナオドリコソウ

「キバナオドリコソウ」への投稿写真