いよいよ最終ジャッジ!newインスタをフォロー6月の過去記事

コウシンヤマハッカ

シソ科 ヤマハッカ属

Isodon umbrosus var. latifolius

〔基本情報〕林内や林縁でみられる高さ60~90cmの多年草。
茎には下向きの毛がはえ、断面は四角形です。
葉は対生する単葉で、長さ4~7cmの広卵形となり、縁に多くの鋸歯があります。
鋸歯は葉先のものほど大きくなります。
葉腋や茎先から出る花序に、花をつけます。
花は青紫色の2唇形花です。
果実は4分果です。
名前 コウシンヤマハッカ (甲信山薄荷) 、コマヤマハッカ
花咲く季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 日本(本州:山梨県~長野県南部の南アルプス北部山麓)
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 600〜900mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花の色 ? 青、紫
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? コウシンヤマハッカ

「コウシンヤマハッカ」への投稿写真