3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

ナギナタコウジュ

シソ科 ナギナタコウジュ属

Elsholtzia ciliata

〔基本情報〕
山地の道端などでみられる高さ15~60cmの一年草。
全体に芳香があります。
茎は直立して枝分かれし、断面は四角形、軟毛がはえます。
葉は対生する単葉で、長さ3~9cm、幅1~5cmの卵形となり、葉の裏には腺点が密にあります。
葉の縁には鋸歯があります。
葉柄があります。
茎先に長さ1.5~6cmの花穂を出し、一方に偏って花をつけ、扁円形の苞が密に重なります。
苞は中央で幅が最も広くなり、縁には短毛がはえます。
花穂は湾曲します。
花は淡い紅紫色で、花冠外側に毛がはえます。
雄しべが花の外に突き出します。
果実は分果です。

〔利用〕
全草を薬用、浴湯料とします。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
日当たりと水はけのよい場所を好みます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は元肥を施せば特に必要ありません。
病虫害は特にありません。
名前 ナギナタコウジュ (薙刀香需)
花咲く季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、南千島、ユーラシア
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月、10月
草丈・樹高 ? 150〜600mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花の色 ? 紫、桃
花序の長さ ? 15〜60mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇
有用 ? 薬用、浴用
日本花き取引コード ? 69279
検索サイトの検索キー ? ナギナタコウジュ