ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

ヒギリ

シソ科 クサギ属

Clerodendrum japonicum

〔基本情報〕高さ2mになる常緑低木。
葉は対生する単葉で、長さ15~30cmの卵円形です。
葉の縁には小さな鋸歯があり、両面には小鱗片が密につきます。
長い葉柄があります。
茎先に長さ30~50cmで円錐状の集散花序を出し、多数の花をつけます。
花は径2~3cmで緋紅色です。
花冠は5裂し、雄しべが長く突き出します。
花序軸、花柄、萼も赤いため、花序全体が赤く見えます。
果実は石果です。

〔来歴〕日本に古くに渡来し、『花壇地錦抄』(1695)に記載があります。

〔栽培〕増殖は挿木、根伏せによります。
日当たりのよい場所を好みます。
低温にあうと落葉するので10度以上を保つのが望ましいです。
名前 ヒギリ (緋桐) 、トウギリ (唐桐)
花咲く季節 ? 7月、8月、9月
分布または原産地 ? インド
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 2000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 集散花序
花の色 ?
花径 ? 20〜30mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園
日本花き取引コード ? 22879
検索サイトの検索キー ? ヒギリ

「ヒギリ」への投稿写真