• 深山の林下に生える白い多年草new
  • 質問投稿の仕方と注意点
  • 検索改善しました
  • 文一総合出版

    コムラサキ

    シソ科 ムラサキシキブ属

    Callicarpa dichotoma

    〔基本情報〕高さ1.5~2mほどになり、庭木としてよく栽培される落葉低木。
    平地から丘陵地の湿地のへりや草原にはえます。
    幹は細長く、やや斜上して伸び、枝は細かく分かれて先が垂れ下がります。
    若い枝や花序には星状毛があります。
    葉は対生し、長さ3~7cm、幅1.5~3cmの倒卵状楕円形で、1/3より上に鋸歯があります。
    葉には葉柄があります。
    秋に黄葉します。
    葉腋の上方1cmほど離れたところに花序が出るのが特徴で、集散花序に淡い紅紫色の花がつきます。
    花は径3mmほどで花冠は4裂し、4個の雄しべが長く突き出します。
    果実は径3mmの球形で、美しい紫色に熟します。

    〔利用〕庭木や生花材料として栽培されます。

    〔栽培〕増殖は実生または挿木によります。
    日当たりがよく、水分に富む土壌を好みます。半日陰でも耐えますが、日当たりが悪くなると花つきや実つきが悪くなります。
    耐寒性、耐暑性が強いです。
    カイガラムシがつくことがあります。

    〔備考〕ムラサキシキブとして栽培されるものの多くはコムラサキです。
    名前 コムラサキ (小紫) 、コシキブ (小式部) 、ミムラサキ (実紫)
    Chinese beautyberry、purple beautyberry、early amethyst
    花咲く季節 ? 7月、8月
    実のなる季節 ? 9月、10月、11月
    分布または原産地 ? 日本(宮城県以南、四国、九州、南西諸島)、朝鮮、中国、台湾
    生活型 ? 低木
    常緑・落葉 ? 落葉
    広葉・針葉 ? 広葉
    生活様式 ? 地生
    植え付け(または播種)季節 ? 3月、11月、12月
    形状 ? 分枝
    草丈・樹高 ? 1500〜2000mm
    葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
    葉の生え方 ? 対生
    縁の形 ? 鋸歯
    花のつき方 ? 集散花序
    花の色 ?
    花径 ? 3mm
    実の色 ?
    葉の色 ?
    種苗の入手難易度 ?
    種苗の入手形態 ?
    繁殖方法 ? 種、挿木
    日照条件 ? 日向
    水分の必要性 ? 普通
    土の必要性 ? 必要
    耐候性 ? 耐寒性、耐暑性
    用途適性 ? 盆栽、鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
    虫害 ? カイガラムシ
    日本花き取引コード ? 29493
    検索サイトの検索キー ? コムラサキ